社会最底辺フリーランスがFXで月10万円安定収入に挑戦

FXで月10万円の安定収入を得る事ができるか?全財産100万円の社会最底辺フリーランスがFX専業を志す無謀な挑戦!

----

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

0926

派遣で働いた頃の話し  

ハローワークの紹介を受け

初就職となった会社を退職した私は罪の意識を感じていました。


そのため、約半年間の休暇を経てからは

アルバイトやパートで働くことを検討していました。

 
ある朝、駅前の求人雑誌に目を通していると、

アルバイト募集の欄に測量補助の仕事の求人が載っていました。

 
当時、測量の知識は全くありませんでしたが、

補助ならばやってみたいと思い早速電話で応募することにしました。


すると、会社の社長と直接電話が繋がり、

面接場所と日時の連絡を受けました。


しかし、面接場所に向かうと古いアパートの一室が面接会場になっており、

本当にここで正しいか疑問に思いました。


また、その会社の女性スタッフの方に挨拶をすると

「社長は今不在で履歴書をあずかります」と言われました。


その女性スタッフの方は非常に多忙なようでした。

30分ほど待っている間に、社長が会社に到着したようなので、

スタッフが社長からの連絡を受けると、

そのスタッフが「本当にこの人なんですか?」と私の体格を見て言いました。

 
また、面接は仕事が多忙なため社長が車の運転を行いながら車内で行われました。

当時は就職氷河期の真っ最中で、

甘えは一切許されず一度聞いたことは二度と口にしない方でした。
 


社会に出るの関連記事

Posted on 2014/09/26 Fri. 12:20 [edit]

CM: 0
TB: --

« 測量補助の派遣はしんどかった思い出しかない  |  就職氷河期にやっと就職~試用期間で解雇される »

コメント
コメントの投稿
Secret

■ 【管理人】フリーランス

■ カテゴリ

■ にほんブログ村 

■ RSSリンクの表示

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。