社会最底辺フリーランスがFXで月10万円安定収入に挑戦

FXで月10万円の安定収入を得る事ができるか?全財産100万円の社会最底辺フリーランスがFX専業を志す無謀な挑戦!

0926

ストレスに弱いノマドワーカーが調べたストレス解消法  


どんな職場には必ずストレスが存在します。


また、「ストレスとは自分以外の他人」と定義する職人もいます。
 
このストレスに対しては自己管理

いわゆるセルフコンディショニングが必要だとよく言われます。


また、精神衛生的な面からは

認知行動療法といわれる方法が効果的とされています。


セルフコンディショニングでは

自分の睡眠時間や運動時間、

実際に何を食べているかの記録を取ります。


これによって、例えば睡眠時間が不規則であったり、

夜遅くまで起きていたりすると自分の体調悪化のサインにつながります。


また、体重や体脂肪率が多い肥満状態に陥ると

40歳以上ではなかなか自分を変えるのは難しいと言われています。


そんな場合でも、自分が食べているものを減らしたり、

野菜を多めに摂ったりして脂肪を燃焼させることは可能です。

 
一般的に外仕事である営業やその他の仕事よりも

内勤での仕事の方が体に負担がかかりやすいという結果が出ています。


もしオフィスワークであれば座ったまま行えるストレッチが効果的ですし、

一駅間話しながら歩くのも良い運動になります。


また、健康的な面だけでなく精神的な面での負担も

社会人の大きな課題です。


仕事を辞めていく人の理由の多くが

「人間関係がうまくいかないから」ということも既にご存知かと思います。

 
そのような場面で効果的と言われているのが認知行動療法です。

 
これは、相手から受けた行動が自分にストレスを与えるという解釈を改めて、

相手から受けた行動に対する自分の認識が

自分にストレスを与えるという考え方をする方法です。


例えば、相手に挨拶をしたのに相手から挨拶の返事がなかった

場合にストレスを受ける人は多いと思いますが、

これは、相手が挨拶をしないことが

「私は人に好かれない」という考えを自分に与えるためにストレスになるのです。


したがって、相手が挨拶をしないのは

他に理由があるからだと考えること、

また、自分が挨拶をしたら相手は返事を返すべきだという

考えを改めることでストレスを軽減することが出来ます。



また、お休みを確保することも重要で、

50分作業したら10分休憩したり、

土日はカラオケに行ってストレスを発散したりするといった趣味を持つことも重要です。
 

スポンサーサイト



Posted on 2014/09/26 Fri. 12:30 [edit]

CM: 0
TB: --

0926

派遣時代の辛い思い出  

前回の続き・・・


次の日、再び車の運転を先輩に任せて現場へ向けて

朝早く出発をすると先輩から、

「俺はお前のための運転手じゃないんだぞ」

「甘えるな!」と昨日とは全く異なる形相で私へのしつけが始まりました。


当時26歳でしたが、仕事で先輩に叱られる厳しさ、

そして仕事自体の厳しさに泣きそうになるくらいでした。


しかし、鬼のような先輩も

夕飯になるとその厳しさが静まり返るのは不思議な様でした。

 
その先輩が仕事を辞める寸前に

「お前はなんで自分がここにいるのか考えたことあるのか?」

と話を投げかけて来ました。


そして後を追うように年配の先輩から

「お前はまだ若いからなんとかなっている」と厳しく言われ辞めていきました。

 
その3ヶ月後に私も辞める結果になったのですが、

それくらい当時の仕事はシビアなものでした。




Posted on 2014/09/26 Fri. 12:26 [edit]

CM: 0
TB: --

0926

測量補助の派遣はしんどかった思い出しかない  

前回の続き・・・



社長の運転している車の行き先は

土木作業員のための雑貨を購入できるお店でした。



その店で安物の作業着とヘルメットを買ってもらった私は

すぐに地図に書いてある場所に行くよう命令されました。



すぐに電車の駅前で社長の車から降ろされた私は、

急いで自宅に戻り、仙台駅行の新幹線に乗り込みました。



その日から私の人生が大きく変化しました。



夏の暑い日のことでした。



仙台では測量の仕事を任されていましたが、

グループで行動するため、仙台に着いた私は先輩の携帯電話に電話しました。

既に車で仙台駅にいるという連絡を受けて、

走って向かいましたが、方向音痴な私は先輩に誘導されました。



上手くグループと集合すると、まず先輩から「車の運転は出来るか?」と聞かれました。

私が「いいえ」と答えると私が車を運転するべきポジションなのに

車を運転しなかったことに腹を立てていました。



加えて、図面をパソコンで作成する作業(CAD)に至っても、

夜遅くになると私だけ眠ってしまい、仕事になりませんでした。

Posted on 2014/09/26 Fri. 12:23 [edit]

CM: 0
TB: --

0926

派遣で働いた頃の話し  

ハローワークの紹介を受け

初就職となった会社を退職した私は罪の意識を感じていました。


そのため、約半年間の休暇を経てからは

アルバイトやパートで働くことを検討していました。

 
ある朝、駅前の求人雑誌に目を通していると、

アルバイト募集の欄に測量補助の仕事の求人が載っていました。

 
当時、測量の知識は全くありませんでしたが、

補助ならばやってみたいと思い早速電話で応募することにしました。


すると、会社の社長と直接電話が繋がり、

面接場所と日時の連絡を受けました。


しかし、面接場所に向かうと古いアパートの一室が面接会場になっており、

本当にここで正しいか疑問に思いました。


また、その会社の女性スタッフの方に挨拶をすると

「社長は今不在で履歴書をあずかります」と言われました。


その女性スタッフの方は非常に多忙なようでした。

30分ほど待っている間に、社長が会社に到着したようなので、

スタッフが社長からの連絡を受けると、

そのスタッフが「本当にこの人なんですか?」と私の体格を見て言いました。

 
また、面接は仕事が多忙なため社長が車の運転を行いながら車内で行われました。

当時は就職氷河期の真っ最中で、

甘えは一切許されず一度聞いたことは二度と口にしない方でした。
 


Posted on 2014/09/26 Fri. 12:20 [edit]

CM: 0
TB: --

0926

就職氷河期にやっと就職~試用期間で解雇される  


前回の続き・・・


会長が社長に「どうだ、こいつ使えるか?」と

私の仕事ぶりについて聞くと、

「はい、そこそこ使えます」と言われました。

加えて、年末の忘年会には会長を含む社内の全員が出席しましたが、

僕だけ気が利かないことに会長が腹を立てていました。


その後、私の会社での試用期間が5ヶ月を経過した頃に、

「話がある」と言われ、社長と営業部長の二人に呼び出されました。

その内容は「当社での試用期間終了後に雇用契約を解除する」

という最悪な処分の通告でした。


その際に、残りの1ヶ月はまだ仕事をしてもらうという内容でしたが、

それを無視して3日後にはパッと会社から立ち去りました。


そして、地元のハローワークでその会社の試用期間を

私に与えた職員と面談をすることになりました。

当然、会社からの通達の内容を伝えられ

責任は全て私にあるという事実を認めました。


また、その際の雇用保険は当時6ヶ月以上の勤務後の退職者に支払われますが、

私は条件を満たしていなかったため不払いでした。



その後も、健康保険の切り替えや退職の手続きなど、

とても面倒だったことを覚えています。
 
ただ、初めて雇用された会社には今でもお世話になったことは忘れていません。


Posted on 2014/09/26 Fri. 12:17 [edit]

CM: 0
TB: --

■ 【管理人】フリーランス

■ カテゴリ

■ にほんブログ村 

■ RSSリンクの表示

▲Page top